クレンジング各タイプ比較

subpage1

肌への刺激が強いクレンジングから順に説明します。
まず、シートタイプは肌への刺激が最も強いクレンジングなります。

界面活性剤の洗浄力のみでメイクを落とすので例え「うるおい」というフレーズで宣伝されているものでも肌を拭って落とすことになるので小さな傷が付いてしまいます。

クレンジング口コミに対して関心度が高まっています。

次に、オイルタイプは油分と界面活性剤を多く含んでいるタイプで濃いメイクを落とすのには適していますが、肌への刺激はシートタイプの次に強いです。

簡単に落ちるので楽なイメージがありますが、その分刺激が強いタイプです。

ジェルタイプはクリームのような乳白色タイプであれば、乳化していない透明のジェルタイプよりは比較的肌への刺激が抑えられますがジェルタイプのクレンジングは界面活性剤を多く含むので肌への負担は大きくなります。

クリームタイプは適度な油分を含んでいるので、肌へのやさしさとメイクオフのバランスが良いタイプですが、メーカーごとに性能にばらつきがあります。


毎日使用するのであれば、適度な固さのあるテクスチャータイプがお勧めです。

nanapiをご提案いたします。

ミルクタイプはナチュラルメイクなど薄目のメイクの方には肌への負担も少なくお勧めのクレンジングですが、水分が多いのでメイクオフ力は弱めです。

メイクオフ力を比較すると、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプの順に強く、メイクオフ力が高いほど肌への刺激も大きくなります。


シートタイプは最も肌への負担が強いですが毛穴に入り込んだメイク料は落ちませんので使用頻度を抑えることをお勧めします。


油分と水、界面活性剤の配合バランスでオイルタイプ、クリームタイプのように形状が分かれます。

この界面活性剤とは洗い流す際の水と油やメイクアップ料を乳化させる(なじませる)橋渡しのような役割を果たす物質です。


何を比較基準にして選ぶのが良いかですが、自分のメイクの濃さに合わせて使い分けるのが一番だとされています。



対策方法

subpage2

自分に合うクレンジングオイルなのかどうかを見極めるためには、いろんなメーカーのものと比較してから決めるようにすると失敗が少ないです。ただし、適当にやってしまうと本来の効果を得られない可能性があるため、正しい使い方を覚えておく必要があります。...

more

美容の秘密!

subpage3

メイクをした日に、おこなうクレンジング。ドラッグストアには多くの種類が売られていますが、なんとなく選んでいるという人が少なくありません。...

more

驚く情報

subpage4

クリームタイプや泡タイプ、オイルタイプなど、様々な種類があるクレンジングですが、一体どれが良いのかは、どんなメイクをしているのかによっても用途が変わってきます。また、自分がどんなことを目的にしていのかによっても変わってきます。...

more

最新考察

subpage5

クレンジングというと、数年前まではオイルのものがほとんどで、その分幅広い世代の女性からの需要がありました。毛穴の汚れや皮脂など、とにかく余分なものを根こそぎ落とした方が、確実に美肌への近道とされる風潮があったからです。...

more