クレンジングの種類と比較 - クレンジング各タイプ比較

クレンジングの種類と比較

subpage1

クレンジングというと、数年前まではオイルのものがほとんどで、その分幅広い世代の女性からの需要がありました。

くすみクレンジングに関するお悩み解決にはこちらです。

毛穴の汚れや皮脂など、とにかく余分なものを根こそぎ落とした方が、確実に美肌への近道とされる風潮があったからです。



しかし、近年では、その考えよりも、肌に必要なものは決して奪わない方が良いとされる傾向があります。

よって、クレンジングオイルのように、汚れを取り除くことを何よりも優先して作られているような商品よりも、ゲルやリキッドタイプなどといった、比較的肌に優しく、それでもってきちんと肌の汚れや毛穴のつまり、または余分な皮脂といった、取り除いたほうが確実に良いものは落とせる、そんなクレンジングの商品の需要が高くなってきています。

また、クレンジングオイルであると、オイルであるがゆえに、やはりベタつきも気になることが多く、そのあとの洗顔、つまりダブル洗顔が必須でありました。
ですが、そうすると、更に肌に必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまうことも多く、肌の乾燥を招きかえって肌荒れを引き起こしてしまうことも少なからずあります。
一方、オイルと比較して明らかにベタつきが気にならないリキッドやゲルなどは、それだけで十分クレンジングの効果を得つつ、そのあとの洗顔も不要であることが多く、肌に優しいというメリットがあります。


ですから、肌への負担などの比較にしても、作業が楽といった使用感の比較にしても、最近ではリキッドタイプやゲルタイプのものの需要が高まっていると言えます。